記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビティウム皇国のブタクサ姫









リビティウム皇国のブタクサ姫
作者:佐崎 一路 ジャンル:ハイファンタジー〔ファンタジー〕
読了時間:約1,981分(990,483文字)※11/28時点
検索用タグ:異世界転生、TS?、勘違い、転生もしくは憑依、ほのぼの

小説情報
リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女は、ある日、正妻のお妃様に疎まれ魔物が棲む闇の森で殺されてしまいます。通りがかった魔女に助けられた彼女ですが、蘇生の際に前世の地球で男子高校生だった記憶を取り戻し、そのまま魔女の弟子として森で暮らすことになりました。「なんか貴族とかドロドロしていて面倒臭そうだし、このまま庶民として暮らすわ」とあっさりドロップアウトを決意。ついでに一念発起して魔女修行の合間にダイエットも敢行。そのままひっそり暮らすはずが、いろいろやり過ぎた結果「あれ? 密かに雑草として暮らす人生計画はどこ?」という自業自得な状況へと陥るのでした。基本ほのぼのファンタジーです。登場人物はおとぎ話でお馴染みの王子だの魔女だの悪いお妃様だのですが、主人公がたくまし過ぎて一筋縄で行きません。※舞台は前作(吸血姫)と同じ大陸で、時代が100年以上下がっています。【書籍化】新紀元社様から発売中です。

感想
 TS転生勘違いものの小説ですね。「吸血姫は薔薇色の夢を見る」と少しリンクしていますが見てなくても問題なく楽しめます。もちろん読んでからの方が楽しめますので前作を読んでからの方がおすすめかな?

 戦闘描写はあまりなく、ほのぼのと主人公の勘違いによる焦れったさを楽しんで読んで頂きたいです。ただその主人公の勘違いっぷりが好き嫌いが別れてしまうところですね(・ω・`彡 )з

 個人的にはヒロインは師匠さんだと思っています。ツンデレおばあさんかわいい(´ω`人)

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

naroushousetu

Author:naroushousetu
小説家になろうの小説の感想を日々綴っていきます。
何か問題などがあればお知らせください、すぐに対応させて頂きます。

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。